2017年3月18日土曜日

【過去ブログ】Baganで帽子を奪われた話【20120611】

直射日光で死を覚悟した


様々な事情があり、2012年からの駐在時代のブログは削除していましたが、そろそろ時効なので、再アップしました

時間軸がわかりづらいけれど
過去編は2009年の話です

2日目のBagan
まずはホテルで自転車を借りて
気温が比較的低い朝から
メジャーじゃない仏塔を見て回った

馬車もいいけれど
自転車は好きな所へいける
が、バガンはメイン道路以外は基本的に砂…
自転車のタイヤだと
砂に取られ進むのもひと苦労
やっぱりバイクだろ!!
と、普段ならイライラするところも
さすがはバガン
仏塔を見ていると
心が穏やかになるものですね

昼は気温と日光が半端ないので
ホテルで昼寝

オールドバガン中心に回った前日と打って変わり
どちらかというとニャウンウー(Nyaung Oo)の街も見て回った
それとニューバガンにも足を伸ばしたりと
かなりアクティブに動いた

さすがに疲れたので
マヌーハ寺院でひと休憩していると
子供達が近づいてきた

Tさんは自転車のスピードがのろい
一本道だったし
俺はさっさと先を行っていたので
マヌーハ寺院の所では一人になっていた

子供の一人が
俺の帽子を指差し
それくれ!と言ってきた
直射日光半端ないバガンで
帽子無しは死に直結する
最初はニヤニヤしながら
ダメだよ〜、あげられないよ〜
くれよ〜、いいじゃん日本人〜〜〜
というやり取りをしていたんだけれど
他の子供の帽子を奪い
これと交換してくれ!
本気の目で俺に交渉してきた
いや、それお前の帽子じゃねえじゃん!!
お前はジャイアンか!!

にしがいとさ〜〜ん

向こうの方から
ヘロヘロになったTさんが
自転車をふらつかせながら叫んでいる
そちらに目を向けた刹那
被っている帽子をとられた!!!!

あっけにとられている俺
大喜びの子供達

そこへやっと到着した
ヘロヘロのTさんが
ニシガイトさん
帽子あげたんですか?
いいですね、次は私にもくださいね
と、ちゃっかりおねだりしてくるし…
あげてない、取られたんだよ!!
って言ったが
子供達が喜んでくれるなら
たとえバガンの地で熱射病で倒れても
まぁいいかな
と言う考えは
5分後には、後悔に変わった

マジで半端ねぇからな
ミャンマーの直射日光は


ポチッとで締めくくりましょう

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

ミャンマーランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿