2017年3月18日土曜日

【過去ブログ】ミャンマーの観光地といえばBaganだよね【20120611】

そういえば俺一日も休んでなくない?

様々な事情があり、2012年からの駐在時代のブログは削除していましたが、そろそろ時効なので、再アップしました


朝は5時に起きて6時には仕事を始め
夜は23時にクラブで仕事納め
(遊んでる訳ではない…いやマジで…そうあれ!ミャンマー語の勉強なんだからねっ!!)
土日もサンプル抱え、走り回っていた
ミャンマーに来てから
仕事以外で、どこにも行って無いじゃない!!
どっか遠くへ行きた〜い!!
ちょっと前に、本当にあちらの世界へ行きそうになったが…

そうだBAGANへ行こう!
3日程勝手に休みを取ることにした
Tさんにチケットの手配を頼み
こちらはホテルの予約を済ませた

バスでBaganに到着したのは夜中の〜…忘れた
多分3時くらいかな???
バス停らしき所で降ろされたが
マジで真っ暗な中、わらわらと寄って来る人らしき影
俺より小さいTさんを盾に
何事かと思って身構えたんだけれど
なんてことはない
サイカーのドライバー達だった

サイカー屋の兄ちゃん(中学生にしか見えない)と値段の交渉
もう俺等以外客なんていないんだから
500チャットでホテルへ行きやがれ!!
Tさんあきれ顔、サイカーの兄ちゃんも
Oh My God!!な顔してるし(暗くて見えなかったけれど)
結局その値段で了解してくれたが…
当時は観光客なんてほとんどいないから
みんな暇そう

ホテルまでの真っすぐ伸びた一本道
夜空が素晴らしく綺麗で
口をポケ〜っとあけながら
あぁ強引に休みをとってよかった、と自分を褒めてやった
しかし、いつまで経ってもホテルに到着しない
あれ?もしかして結構な距離だったの???
ホテルにやっと到着したが
悪いなぁと思って、2代分の運賃1,000Ks
それにプラスしてもう1,000Ksをチップとして手渡した
真夜中のチェックインを済ませ
とりあえず朝まで寝た

朝になり、眠い目をこすりながらも
馬車をチャーターしBaganの観光スポットをくまなく回る
当時は全然観光客なんていなかったから
Bagan自体貸し切りみたいなかんじだった

夕方になり、翌日は自分たちで好きに観光したいから
馬車のお兄ちゃんに
バイクのチャーターを頼んだが
外国人だからダメ!!
と断られた
砂の道を自転車で行くのは辛い
どうしてもバイクが乗りたい
いくらなら貸してくれるの?
俺ミャンマー人にしか見えないから大丈夫
つかゴタゴタ言わずに貸せ!
男だろ?貸せ!!
仏陀が貸してやれと言っている!!
貸さないと来世悪いことが起きるぞ!!
って言ってねTさん、と伝えた

俺の無茶なお願いに、Tさん半泣き
馬車のにいちゃんも涙目
流石に俺も空気を読み、交渉は諦めたが
ふと目をやると
バイクが何台か並んでいる
あそこにあるバイク拾おうか
と冗談のつもりで言ったのだが
Tさんに
あれは落ちてません!
と、本気で怒られた
まさにBagan貸し切り

結局の所ホテルで自転車借りて
Baganをおっさん2名で
キャーキャーいいながら走り回りました
今や夕日を見る為に人でごった返すあの寺院も
当時はこんな状態
誰もいない笑

ミャンマーへ行ったら一度でいいのでBaganへ行こう!

恒例のポチッとで締めくくりましょう

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

ミャンマーランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿