2014年10月30日木曜日

【Kakku】カックー遺跡へ行ってきたよ〜【Pagodas】

仏塔群と豚

カックー遺跡!!
マジでやばい

ミンガラーバー

今日も取材対応をしておりました

なんか風がニシガイトに吹いている感じ?

と、言いたいところですが
今回も高田馬場のミャンマー
というか新宿区に住む若人(外国人含む)
といった趣旨の取材協力でした
よってニシガイトのニの字も出てこないと思いますw

さてInle Lakeに行っておきながら
前回は行けなかった場所があります

写真だけは何度も目にしていて
本当にこんな場所あるんだ
超行ってみたい!!
でも当時は外国人は入っちゃダメ〜〜〜〜
と言われていたので(記憶が曖昧w)
諦めていたんだけれど
ボスが
他にどこか行きたいところある?
どこでも連れて行ってあげるよ!!
と言ってくれたので

マジで!じゃあカックー遺跡に行きたい!
と言ったら
よっしゃ〜任せとけや〜〜〜!!
と頼もしい返事をくれた

翌日ボスの自動車でカックー遺跡までGo!!
ちなみに駅もあります
カックー駅ですが
どこに線路があるのでしょうか???

Nyaung Shweからカックー遺跡がある場所まで
自動車で約2時間
そこまでの道のりの間に
パオ族の集落があり
パオ族の方々がその辺でダベっていたり
学校帰りの子供達が歩いていたり
とにかく仕事という名の
観光気分を存分に満たしてくれた
できればパオ族の集落にも行きたかったんだけれど
それはまた次回でいいや

そうこうしているうちに
カックー遺跡に到着!!

マジで感動

その一言だけで十分
これで晴れていたらもっとすごかったんだろうなぁ
マジで圧巻です

意外と様々な形のパヤー(?)があります

塗料が塗られた形跡が!!


そして
羽!!

マジでやばいっす
今度きちんとカックー遺跡の勉強をします

なぜか首なしの仏像が無造作に集められていた


チャンスがあれば是非みなさん行ってみてください

遺跡内に入るには外国人料金を支払わないといけないらしく
もちろんニシガイトはそういうの払ったこともないし
今回も払っていませんが
そういうルールがあるみたいなので
記憶の片隅にでも置いておいてください
幸運の金の豚が
中心のパヤーの裏手にいました
これ、気が付かない人もいるんじゃないかなぁ…

次回はサヨナラNyaung Shwe編です

ミャンマーブログランキング参加中です
ボタンのクリックで応援よろしくお願いします


にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

ミャンマーランキング


ミャンマー語を学ぶなら
高田馬場ミャンマー語教室
1周年キャンペーン実施中
通常授業料を6,000円(1回1,500円)にてご提供
詳しくは下記ウェブサイトにて
http://ミャンマー語.jp

2014年10月29日水曜日

【Snake】こんなところにも蛇寺が【God】

爬虫類はお好きですか?

マジで美味しそうなんですが…

ミンガラーバー

Inle Lake周辺をドライブした時にボスが
ちょっと蛇見ない?と言ってきた

唐突なお誘いに
ヘビをミャンマー語と思ってしまい
ヘビって日本語で何?
とトンチンカンなつぶやきをしてしまう
しかしミャンマーに関わってからもう5年
パヤー・ヘビというキーワードから
あぁ蛇ね!と自己解決
風見鶏!というわけではないようです

モチのロンで行くでござる!
爬虫類大好き系男子のニシガイト

まさかInle Lakeにも蛇寺があるとは
ミャンマー恐るべし

ちょっとトライバルな門をくぐり
細い道に入る

そして自動車はメチャクチャシャレオツなホテル前で止まる

え?何ここで降りるの?

200m位先にたしかにパヤーが見える
なにこのホテル
パヤーを敷地内に持ってるのか
さすがInle Lake
すんません写真はパヤーから撮りました

ボスもいい眺めだろ〜
と、まるで自分の庭でも紹介しているかのよう
たしかに素晴らしい景色とシャレオツなホテル
そしてホテルの向こうにある小高い丘の上に
キラリと光るパヤー
ロケーションは最高だわ
こちらもパヤーからの写真になります
ホテルから撮った写真がどこかに行ってしまった…

が、そんな景色よりも
ヘビが見たくてしょうがない
ソワソワが止まらまいニシガイト
意を決して
んじゃちょっと遠いけれどパヤーまで歩きますか
と歩き始めたら
ボスたちは再び自動車に乗り込む

えっ!?ナガーパヤー行かないの?
もしかして景色見てたら満足しちゃって
ヘビのこと忘れたの???

みんな自動車に乗り込む
まぁヘビがいる場所がわかったので
次回来ればいいか
と、気持ちを切り替え
ぼけ〜っと山をゆく自動車にゆられていると
とにかく人だらけのパヤー

何だかピックアップトラックの団体様が
行ったり来たり
もしやと少しだけ期待を膨らませてみたら
到着しましたよ!!
蛇寺
歩いた方が早かったんじゃね?
とは言いませんでした
だって蛇寺に着いたんだもん

さあお待たせしました
全国1億2000万人のスネークファンのみなさま!
こちらが大変ありがたいおヘビ様でございます
わかりやすいパフォーマンス
しっかりと仏像の肩に絡みついております
まぁここの世話人みたいなオッさんが手を加え…
なんでもありません

ふぅ…
満足満足w
この2名の世話人がおヘビ様に
ストレスを与えているに違いない
マジでお前ら邪魔だから!!


蛇寺近くのホテルはこちら

Hupin Inle Khaung Daing Resort

ちなみに元から蛇寺だったわけではないそうです

しかし半端ない人たちが押し寄せて来ていたので
それなりに有名なんだろうなぁ
え〜ミャンマー語で
シュエミンティン
と書かれていると思います(遠い目

でもヘビが有名なのか
このパヤー自体が有名なのか
それは最後までわかりませんでしたw

次回もすんごいところに行ってきましたので
乞うご期待


ミャンマーブログランキング参加中です
ボタンのクリックで応援よろしくお願いします


にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

地域情報(ミャンマー) ブログランキングへ

ミャンマー語を学ぶなら
高田馬場ミャンマー語教室
一周年キャンペーン実施中
通常授業料を6,000円(1回1,500円)にてご提供
詳しくは下記ウェブサイトにて
http://ミャンマー語.jp

2014年10月28日火曜日

【NyaungShwe】夜市あるじゃんw【NightMarket】

マジで散歩しててよかったわ〜〜〜

旅の醍醐味は屋台の食事

ミンガラーバー

どの街に行っても
地図も持たずに適当に散歩する
無計画男のニシガイトです

高田馬場ミャンマー語教室の方も
リニューアルということなんですが
こちらは無計画というわけにはいかないので
何とか必死に頑張っております

さてまだまだNyaung Shweなのですが
赤道に近い国は
夜が来るのも早い!!
カメラの性能で薄暗く見えますが
真っ暗でしたからw

レストランの写真を数十枚撮りためたし
そろそろホテルに戻ろうかなぁ
あ、その前に食事でもしようかなと考えてたら
ふと目の前に気になる看板が

オイオイ!ナイトマーケットあるじゃん!!
テンション上がるじゃん!!
よし!今日の夕食はナイトマーケットで食べちゃお!

Isle Lakeの入り口の街
外国人観光客もわんさか訪れるここNyaung Shwe
そんな街のナイトマーケットなんて
期待しないほうが無理というものでしょ

夜市はこちら
という看板を見逃すな!!
さっそくナイトマーケットはこっちです〜
という看板をたよりに路地に入り込む

入り込む

入り……

あれ?何もなくね???

何も無いというのは語弊があるけれど
細い路地に数店屋台が出ているだけじゃん
やく100m程度の路地裏の細道…
ジモティ(地元民)が若干名
もしかしたら旅行客なのかも
かも…

もしかしたらオンシーズンは凄いことになっているのかもしれない
たまたまオフシーズンに訪れたから
屋台がまばらに数店開いていただけかもしれない
そうに決まってるよね
こちらは麺もありましたが
中華料理!の文字に食指が動かず…

というわけで
近々Inle Lakeに行く人は
ナイトマーケットを訪れてみてください
場所はミンガラーゼイ向かいなんだけれど
ちょっとわかり辛いので
Lonely Planetのウェブサイトをチェックして

Nyaung Shwe Night Market
http://www.lonelyplanet.com/myanmar-burma/nyaungshwe/restaurants/southeast-asian/night-market
美味しそうなんだけれど
なんか期待しすぎて
食欲が失せた……

さて次回は
あの場所に行ってきました!!
乞うご期待

が、トーフジョーだけは
揚げたてを見ると食べたくなる
食べませんでしたがw

ミャンマーブログランキング参加中です
ボタンのクリックで応援よろしくお願いします


にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

地域情報(ミャンマー) ブログランキングへ

ミャンマー語を学ぶなら
高田馬場ミャンマー語教室
ミャンマー学生支援協会発足キャンペーン実施中
通常授業料を6,000円(1回1,500円)にてご提供
詳しくは下記ウェブサイトにて
http://ミャンマー語.jp

2014年10月26日日曜日

【Pagoda】Nyaung Shweの崩れパヤーを探せ!!【Paya】

荒廃する美学


今回はこの崩れ系パヤーをお送りします

ミンガラーバー

ニシガイトさんってミャンマー嫌いなんですか?
と唐突に聞かれたが
嫌いな…
くらいのタイミングで
いやミャンマー大好き!!
と食い気味で返答した
なんか勘違いしている人もいるようですが

ニシガイトはミャンマーを愛しています

嫌なところも含めで愛しています
でも嫌なものを見て見ぬ振りはしないし
ダメなもんはダメ!と言います
誤解される理由は
怒ってばっかりいるからなんでしょう
そういうところは直さないとなぁと思います(反省
文化が違うからしょうがない!
じゃなくて基本は
お互いに歩み寄ろうぜ!!
ってスタンスです
いいね〜この崩れっぷり
手前の仏塔はまだ白い化粧が残っている
レンガのオレンジとの相性抜群!!

さてそんなニシガイトがミャンマーで
これは違うよな〜
って思う一つに
崩れ系パヤーがほとんど無いという点
仏塔や寺院は今でも使われているものなので
修復するのは当たり前
もちろんそれは理解します
このポツンと感がいい!!

が、観光客目線としては
そのままの姿
これもまた魅力の一つなのです

たまに崩れ系パヤーを見つけますが
大抵は壁で囲って外から目立たないようにしてある
もしくは雑草や木々で覆われて
やはり目立たない状態
やべぇ〜〜〜〜!!
もう絶対に手を加えないでください
お願いします

勝手な推測ですが
まだまだ観光客に公開していない仏教遺跡が多くあり
現在は修復して公開準備中なのでは
でもね
修復しないでいいよ〜〜〜
そのままの姿でみたいなぁ
ちょっとこれはワザとらしい感もしますが
無造作に置かれている顔がいいね
でもこれ盗まれないの!?

崩壊寸前の建物
荒廃した村
そういうのが好きなので
できればあるがままの姿の遺跡が見たいなぁ〜〜〜〜〜
崩れていれどもパヤー
ちゃんとお花が供えてあった

話が結構逸れたけれど
Nyaung Shweにもいくつか崩れ系パヤーがあります
適当に散歩して見つけたので
場所とかうる覚えなんです…
写真にGPSの情報が入っているので
それである程度の場所が確認できるはず
ブログにアップしている写真に
その情報がはたして入っているのかわかりませんが…
時間を感じることができるよね
すばらしい!!

ま、適当にブラついて見つけてくださいw
その方が感動も大きいですから
もちろん隣には綺麗なパヤーが!!
ということは
いずれ右も修復されちゃうのかな???


ミャンマーブログランキング参加中です
ボタンのクリックで応援よろしくお願いします


にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

地域情報(ミャンマー) ブログランキングへ

ミャンマー語を学ぶなら
高田馬場ミャンマー語教室
ミャンマー語教室1周年キャンペーン実施中
通常授業料を6,000円(1回1,500円)にてご提供
詳しくは下記ウェブサイトにて
http://ミャンマー語.jp

2014年10月25日土曜日

【市場】Nyaung Shweの市場に潜入だぜ【最高】

市場あるじゃない?そしたら行くじゃない?

今回はこちら
ミンガラーゼイをおとどけ

ミンガラーバー

昨日はとうとう事務所で倒れてしまい
そのまま事務所で寝ましたw

朝起きたら
まあまあ調子も良く
とはいえまだ喉が痛い…が
仕事仕事!!
市場内の食堂
美味しそうなんだけれど
食器類がなぁ……

さて今回は大好きな市場

Nyaung Shweの市場は
ミンガラーゼイ

だいたい市場の名前って
ミンガラーゼイじゃない???
左のにいちゃん携帯電話で株価をチェック!
なわけねえじゃんw
っていうのは偏見ですから!!

ま、いつものことですが
どの市場に行っても
だいたい売っているものは同じ
こちらの市場も周辺住民の生活用品が売っている
それを買いに人が集まるので
とても賑やかだけれど
本当に周辺住民の市場なので
パオ族やカヤン族が市場をうろついているなんて風景は皆無なので
外国人には物足りない
でもここのミンガラーゼイは
観光客向けのお土産屋もあるので
いつもよりはちょっとだけテンションが上がるw
外国人向けのお土産屋さん
ボートのミニチュアがインレー湖っぽくて良いが
絶対にカバンにいれたら壊れそう……

市場の入り口の門をくぐり潜入開始
周りを見渡すが
やはり欧米人が多いなぁ〜〜〜
珍しい品は特にないかんじだけれど
欧米人が何故か唐辛子売り場に食いついていた
そしてミャンマー人がまとわりついている
彼らはけっして押し売りとかじゃなくて
単に人懐っこいだけなのか???
欧米人が移動したので覗いてみたけれど
なんでこの店に食いついていたのか
さっぱりわからん

でもニシガイトの周りには誰も集まらないぞ???
ガンガン写真を撮ってて
どうみても観光客だぜ!?
山積みのトマトを接写しても
なんでそんなの写真に撮ってんだ?
くらいの冷たい視線しかいただけないのですが……
これがインレーのトマトだぜ!!
ピーマンも生産しているのかなぁ?

そういえば適当に散歩して細い道とか歩いてても
誰も声をかけてこない
それよりも
なんでこんなところ歩いてんだ?
ってかそんなの写真に撮ってどうするんだ?
くらいの視線しか感じません……
インレーといえば巻きタバコ
以前巻きタバコ工房に行ったなぁ〜〜〜


市場の場所は街の中心にあるので
見つからない!なんてことはないので
是非足を踏み入れてください
色とりどりのロンジー

市場でお土産探すのも楽しいと思いますが
お土産なら周辺のお店やInle Lakeの村の方が良い品があるよ
豆腐ジョー!!
美味しそう〜〜〜〜


ミャンマーブログランキング参加中です
ボタンのクリックで応援よろしくお願いします


にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

地域情報(ミャンマー) ブログランキングへ

ミャンマー語を学ぶなら
高田馬場ミャンマー語教室
ミャンマー学生支援協会発足キャンペーン実施中
通常授業料を6,000円(1回1,500円)にてご提供
詳しくは下記ウェブサイトにて
http://ミャンマー語.jp